街でも着られる!モンベル「スぺリオダウンTシャツ」でミドルレイヤーの差別化を図れ!!




The following two tabs change content below.
こうたろ
登山歴6年。仕事中やそれ以外でも常に登山でモテたいことばかり考えているアホ登山家。 ボルダリング3級クライマーでもある。 登山回数240回以上の経験を生かした恋愛に関する記事を書いています。 目指せ!アウトドア界のホットドックプレス!! 詳しいプロフィールはこちら

ども!!山の恋愛事情は俺に任せろ!こうたろです。

今回は街でも山でも着ることが出来るミドルレイヤーの紹介です。

あなたにとって登山ウェアを選ぶ基準はなんですか?デザイン、サイジング、自分の持っている服との相性など山でモテるために様々な基準で買い物します。

僕の中でそれ以外で大事なポイントは街でもオシャレに着れるということです!

1万円以上するウェアを山だけにするのはもったいないですね。どうせなら街でも着てみましょう!

モンベル。

最近僕が注目するアウトドアブランドがあります。それはモンベルです。「え!?モンベル?ど定番やん!」て声も聞こえますが僕が言うのは街着としてのモンベルです。

私が登山を始めた6年前のモンベルはデザイン、カラーバリエーションともにとても残念でした。

ファッション性よりも機能性のみ特化したアウトドアブランドのイメージでしたが4,5年前、若者の登山人口の増加に伴いモンベルファッション革命が始まりました!!

それから感度の高い海外アウトドアブランドと遜色ないデザインやカラーリングが増えてきたのです。

そこから大手高感度セレクトショップ「ビームス」や「BSHOP」「ロフトマンコープ」などの取り扱いやメンズノンノにも掲載されたりと僕の中のブランドイメージがガラリと変わりました。

山だけでなく街でも着れるやん!!

そう街でも着れるのです!!特に目新しいダウンTシャツはアウトドアをしなさそうな感度の高いお洒落男子も着ているのをたまに見かけます。

モンベルダウンTシャツをオススメする理由。

ファッション性

ダウンジャケットやダウンベストはありきたりですがダウンTは目新しいので人と被りにくいです。大手ブランドではモンベルとナンガくらいではないでしょうか。その中で最初にダウンTシャツを売り出したのはモンベルでした。

人と被りにくい + 目新しさ=服好きの心をクスグリまくる。

方程式のできあがりです。腕の部分が 丸見えの為、インナーの柄が目立ち着こなしのアクセントにもなるため街でダウンTを上手に着ている服好き男子を見ると好感がもてます。

また最近は街でスーツなどの下にインナーダウンを着ている人をよく見かけます。なのでフォーマル、街着、アウトドアまでカバーするのです。シンプルなデザインだから故、様々な顔に変わることができます。

機能面が素晴らしい!

ダウンTシャツがあるがゆえに。

ダウンジャケットは長袖で暖かいが腕回りが動かしにくい。

ダウンベストは肩、ワキが寒いが腕周りが動かしやすい。

ここ数十年ダウンウェアはずっとこの2種類しかありませんでした。ダウンTシャツはこの2つの中間の位置にある為。

肩、ワキなど冷えやすい部分はしっかり保温

腕回りが動かしやすい。

つまりダウンジャケットとダウンベストの特徴をうまく捉えたウェアとなります。

実際に着てテントの設営などをすると肩を暖めながら腕は快適に動かすことができる。

作業が捗りました。

あとバーベキューやたき火などするとき、火の粉にダウンがかかり穴が開いたりすることがあります。でもダウンTシャツなら、前述のように肩回りを暖めながら火の粉が腕回りにかかりにくいですよね。

ダウンのスペック

フィルパワーとはダウンの持つ「かさ高さ」です。この数値が高いほど高品質ダウンと呼ばれます。

一般的に600から700フィルパワーが良質ダウン、800以上は高品質ダウンと呼ばれます。

モンベルのダウンTシャツは800フィルパワーなので薄くても保温力が高いダウンになりますね。

ダウンの重さは、ダウンTシャツ123g、Tシャツ144gとTシャツより軽いですが充分な保温力が期待できます。

この薄さを利用して夏以外の春、秋、冬の3シーズン着こなすことが出来るのも魅力的ですね。

あと付属品にスタッフバッグがついているので詰め込むと空き缶大くらいになります。鞄やポケットに入れて持ち歩きが便利になりますね。

サイジング

このアイテムを着こなすには2つのサイジングがあります。例えば身長172㎝体重63㎏の僕でしたら、、、

Mサイズ(僕にとってはジャストサイズ)⇒ボタンダウンシャツ、薄めのスウェット、ボーダーなどインナーダウンとして。基本的にこっちの方が着回しが効きます。

Lサイズ(僕にとっては少しゆったりめ)⇒ぶ厚めのフリースやジャンバーの上にアウターダウンとしてきこなします。

ダウンonダウン

ダウンonダウンとはダウンの上にダウンTシャツを着ることです。

山で究極に寒い場合。モコモコしてダサい、街ではご法度のダウンonダウンの着こなしがオススメです!襟元がラウンドネックの為、インナーと干渉せず腕回りも楽に着ることができます。

山で寒すぎる場合はカッコつけたいとかいってられませんよね。むしろ寒くてブルブル震えているよりダウンonダウンで身体を暖め、気持ちに余裕がある方がいいに決まってます!

もしくはダウンとダウンTを両方持っていき一つ彼女に貸すのも素敵ですね。

ちなみに僕はこのアイテムが好き過ぎてMとL1枚ずつ買っちゃいました。(無駄使いではない!無駄使いではない!無駄使いではない!)

まとめ

いかがでしたでしょうか。モンベルスぺリオダウンTシャツ。

服好きの為、20年くらい、いろんなウェアを見てきましたが、

このモンベルダウンTシャツほど

  • 値段
  • デザイン
  • 着回し
  • 着用時期の幅広さ

など優秀なアウトドアウェアは珍しいのではないのでしょうか。

今から5月くらいまで是非、このウェアをヘビロテで着てもらいたいですね。

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

こうたろ

登山歴6年。仕事中やそれ以外でも常に登山でモテたいことばかり考えているアホ登山家。 ボルダリング3級クライマーでもある。 登山回数240回以上の経験を生かした恋愛に関する記事を書いています。 目指せ!アウトドア界のホットドックプレス!! 詳しいプロフィールはこちら