macpacのサコッシュ「ミュゼット」でレトロアウトドアスタイルを取り入れよう!




The following two tabs change content below.
こうたろ
登山歴6年。仕事中やそれ以外でも常に登山でモテたいことばかり考えているアホ登山家。 ボルダリング3級クライマーでもある。 登山回数240回以上の経験を生かした恋愛に関する記事を書いています。 目指せ!アウトドア界のホットドックプレス!! 詳しいプロフィールはこちら

ども!山の恋愛事情は俺に任せろ!

こうたろです。

僕は何かモノを買うときに少し高くても丈夫で長持ちするというモノ選びの基準があります。

例えば僕の持っているレッドウィングやオールデンなどの革靴は普段から靴磨きをしてソールが減ればソール交換をして、かれこれ15年以上愛用しています。

長く大事に使うことで少しでもその愛着のあるモノと同じ時代を共にしたいのです。

今回はその基準を充分に満たしている僕のお気に入りの登山アイテム。マックパックのサコッシュ「ミュゼット」を紹介したいと思います。

サコッシュ「ミュゼット」とは?

サコッシュとは自転車ロードレースの補給ポイントでレーサーに渡されるドリンクや食べ物などを入れた薄手のショルダーバッグのことです。

自転車に乗りながら取り出すため、軽くて、簡易的で取り出しやすい形状になっています。

英語でいうと「ミュゼット」macpacのモデル名と同じ名前ですね。

サコッシュの使い道は?

サコッシュはシンプルなアイテム。使い道は多岐に渡ります。

登山にもサコッシュ

登山においては頻繁に使うものをサコッシュの中に詰め込みましょう。

地図やコンパス、行動食など、ザックを下して取り出してまたザックを背負う手間が省けますね。

また槍ヶ岳や奥穂高などの山頂を目指す最終アタック時にも役に立ちます。ザックは山小屋やテント場に置いてドリンクや行動食などをサコッシュに入れて身軽にアタックしましょう。

街のコーディネートにもサコッシュ

サコッシュは街でも使えます。

冬の装いは地味になりがちな色目のアクセントに、夏の装いはシンプルになりがちなのでポイントアイテムとして使えます。

小物使いが上手な人はオシャレ女子からの好感度がグンと上がります!!

酒の席や旅行でもサコッシュ

飲み会を何度か重ねると財布を無くした人の話よく聞きます。

ベロベロになってよく記憶が無くなる方は是非!財布をサコッシュに入れて肌身離さず持ち歩く癖をつけて下さい。

また、旅行にもバスや新幹線のチケットなどを入れておくと、下車直前に必ず誰か起こす「俺のチケットどこいった!?騒動」も防げます。

macpacとは?

1973年に創業したニュージーランドのアウトドアブランドで、バックパックから始まったブランドです。

頑丈で、
どこまでもシンプル。
どんなフィールドに
おいても、
最良のパートナーで
あるために。

引用元:macpac(マックパック)公式サイト – GOLDWIN

macpacのブランドコンセプトのひとつです。

ザックのサイドにジッパーを付けると横からモノを取り出しやすくなる便利な機能が1つ増えます。しかしジッパーがある為、ジッパーそのものが壊れてしまうリスクが1つ増えるのです。

こうならないようにmacpacのモノづくりはシンプルだからこそ壊れにくくシンプルだからこそ修理も簡単で長く使えるという考えを持ったブランドです。

この考えが僕のモノ選びの基準に完全に合致しています。

サコッシュもジッパーではなくボタン1つで折り曲げる形。非常にシンプルな作りです。

マックパックに使われている生地、アズテックとは?

macpacの性能を支える
ハイブリット素材 “アズテック”

macpacが高品質なパックを追及した結果、独自に研究、開発した素材が「AZTEC®」です。

「AZTEC®」は摩耗に強いコットンと、腐食に強いポリエステルの混紡糸を織り合わせたハイブリッド素材。

この生地専用に設計された織機によって、高密度にしっかり織り上げた後、防水液を浸透させることで、2つの素材の長所をより高めた強靭な生地が生まれました。

引用元:macpac Quality | macpac(マックパック)公式サイト – GOLDWIN

一般的なバックはポリウレタンコーティングされており、年月が経つと寿命で裏地がボロボロになりますが、アズテックはコットンとポリエステルというシンプルな素材な為、経年劣化せずに半永久的に使えます。

また雨などでバックに水がかかると自然繊維のコットンが膨張して素材間や縫い目の隙間を無くし、内部への水の浸入を防ぎます。

要するにアズテックは「強い耐水性」「強い耐久性」を持つ長持ちする生地なのです!!

ただし僕の経験上、小雨や通常の雨程度なら防水効果はありますが、「バケツをひっくり返したような雨」にはさすがに縫い目から水が浸透します。

そういう場合は素直にザックカバーをしたザックにしまう方がよいですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。macpac「ミュゼット」

あと個人的に好きなところは80年代のレトロアウトドアを彷彿させるカラーリングです。

ビビットな色目の最新のアウトドアウェアを見慣れている20代の若者には新鮮に映り、30,40代のおじさんたちには懐かしく思えるのではないでしょうか。

ゴアテックスやウィンドストッパーなどの最新ウェアで固めるのも素敵ですが、macpac「ミュゼット」などのレトロテイストを織り込むことで奥行きのあるアウトドアスタイルを楽しんでみてはいかがでしょうか。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

こうたろ

登山歴6年。仕事中やそれ以外でも常に登山でモテたいことばかり考えているアホ登山家。 ボルダリング3級クライマーでもある。 登山回数240回以上の経験を生かした恋愛に関する記事を書いています。 目指せ!アウトドア界のホットドックプレス!! 詳しいプロフィールはこちら