初めての登山用ストーブならSOTOレギュレーターストーブST-310で充実した登山デートを!!




The following two tabs change content below.
こうたろ
登山歴6年。仕事中やそれ以外でも常に登山でモテたいことばかり考えているアホ登山家。 ボルダリング3級クライマーでもある。 登山回数240回以上の経験を生かした恋愛に関する記事を書いています。 目指せ!アウトドア界のホットドックプレス!! 詳しいプロフィールはこちら
何もない山だからこそ、火のありがたみを再認識する。

ども!山の恋愛事情は俺に任せろ!こうたろです。

登山始めたひとが一番欲しくなるアイテム!それはバーナーです。

正式名称はバーナーストーブと呼び、一般的には「バーナー」か「ストーブ」「ガス」などと呼びますがここでは商品名は「ストーブ」, 僕個人的な文章は「バーナー」にします。

ややこしくてすいません。

 

アウトドアバーナー初見の人がバーナーの点火シーンを見ると、

「ボッ!!」と一気に大きな炎が出ることで「おー!!」と新鮮なリアクションと同時に彼らの物欲のスイッチも点火されます。

それからことあるごとに「バーナー欲しい!」「バーナー買いたい!」呪文のように繰り返し唱えます。

何もない山で火を自由に使えること。温かい食べ物を食べたい。という人間本来の素の欲求を満たしたくなりますね。

その中でも僕は断然! SOTOレギュレーターストーブST-310をオススメします!!

SOTOレギュレーターストーブST-310をオススメする理由。

ゴトクが安定している!

アウトドア缶バーナー

シングル缶バーナー

アウトドア缶バーナー(写真上)に比べカセット缶バーナー(写真下)は鍋との接地面積が大きく、低い位置にある為ゴトクが安定しています!

じっくり料理したい場合は断然!カセット缶バーナーがオススメですね。

レギュレーターストーブで低温でも安定した火力が出る。

カセット缶バーナーの弱点でもある、低温化の使用にも強いです!

コンパクトになる。

このように通常のペットボトルと比べるとかなりコンパクトになります。

アウトドア缶バーナーは一つの鍋に集約できます。

シングル缶バーナーはシングル缶ひとつ体積が増えます。

ただ上の写真のようにアウトドア缶バーナーと比べるとカセット缶1つ分、体積と重さが増えてしまいます。

ぼくは

テント泊縦走など体積と重さを少なくしたい場合⇒アウトドア缶バーナー!!

低い山や料理をメインとした登山の場合⇒シングル缶バーナー!!

と使い分けるようにしています。

アウトドア缶バーナーを持っているひとが多いかと思いますが、料理を楽しみたい方は是非シングル缶バーナーも購入してはいかがでしょうか。

また、家の鍋に使えるカセットコンロの缶と同じ物なので、災害時も役に立ちます。

食事を盛り上げる付属品達!!

これこそ僕がSOTOレギュレーターストーブST-310を薦める最大の理由ではないでしょうか。

(ソト) SOTO レギュレーターストーブ用 ウインドスクリーン ST-3101

単純に風よけです。山でのストーブ使用は強風が吹くこと前提なので必要ですね。

また点火部分を覆うことにより燃費効率も増します。

ソト(SOTO) レギュレーターストーブ専用点火アシストレバー ST-3104

点火アシストレバーがない時

点火レバーがない場合上の写真のように調節するつまみの下をくぐり抜けて小さくて固めのスイッチを押すという作業を行います。

上の鍋を倒さないように固めのスイッチを押すこの作業、写真以上にめんどくさいです。

点火アシストレバーがある時

ワンタッチで点きます!!

特にSOTOレギュレーターストーブはとろ火が苦手な為、鍋料理の時に、煮立ってしまうとイチイチ消さないといけません。

点火アシストレバーがないときの作業を何回もするとうんざりします。

これも必要ですね。

ソト(SOTO) レギュレーターストーブ専用溶岩石プレート ST-3102

テンション上がりますねえ!!溶岩プレート!!

  • 遠赤外線効果の高い溶岩を使用して、食材の旨みを閉じ込めます!
  • 溶岩そのもののミネラル分が食材をうまく引き立てます!
  • また余分な油も落ちる為、カロリーも減りヘルシー!!

普通のお肉がワンランクもツ―ランクも上質なお肉に変わります!!

面積については縦と横の幅が14㎝。

重さも1㎏。

1㎏重い、、、

重くないです!!!

気になるあの子に美味しいお肉で満足してもらえるなら、

重さ1㎏が100gくらいになります!!

是が非でも!!山に持って行きましょう!!

 

ソト(SOTO) たくみ香房フルセット ST-129S

燻製!!欲しい!!

いつかは山でやってみたいですね、、、

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

SOTOレギュレーターストーブST-310!

と物好きの心を踊らせる付属品達!

ひとつのアウトドアストーブでこれだけ世界が広がるのはSOTOレギュレーターストーブの魅力ですよね。

今後うちの登山サークルで溶岩プレートを購入する人が続出しそうです。

山での溶岩プレートでのバーベキュー大会!

燻製オリンピック!

みんなで一緒にするとさらに世界が広がりますね!

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

こうたろ

登山歴6年。仕事中やそれ以外でも常に登山でモテたいことばかり考えているアホ登山家。 ボルダリング3級クライマーでもある。 登山回数240回以上の経験を生かした恋愛に関する記事を書いています。 目指せ!アウトドア界のホットドックプレス!! 詳しいプロフィールはこちら