飲み過ぎ注意!登山後、山小屋でのお酒は高度3000mだとろくなことにならない




The following two tabs change content below.
こうたろ
登山歴6年。仕事中やそれ以外でも常に登山でモテたいことばかり考えているアホ登山家。 ボルダリング3級クライマーでもある。 登山回数240回以上の経験を生かした恋愛に関する記事を書いています。 目指せ!アウトドア界のホットドックプレス!! 詳しいプロフィールはこちら

ども!

山の恋愛事情は俺に任せろ!

こうたろです。

山の上で飲む酒ってなんであんなにうまいんでしょうか!!

味は下界と全く同じでも

  • 厳しい登りを制覇した達成感でつい酒が進んでしまう。
  • 大自然で気持ちが開放されてつい酒が進んでしまう。
  • 気心知れた仲間たちと飲むとつい酒が進んでしまう。
  • 知らない人でも同じ山に登った同士として距離が近くなりつい酒が進んでしまう。
  • 重いザックの中にお気に入りのお酒を持ってきている。
  • 大量にお酒を持ってきてしまい、これを持って下山したくないのでついつい飲んでしまう。

などお酒大好きな人にとっては飲む要素しかありません!

今回は僕みたいなお酒が好きが調子に乗って山小屋で飲みまくったあとの悲劇を書いてみたいと思います。

山小屋でそもそもどれくらい飲んだ?

山小屋の酒盛りこんな感じで盛り上がってます。

まず高度2466mの常念小屋でで15時から消灯の21時までの6時間延々と飲んでました!

飲んだ量は

  • ビールを500mlを1本
  • 酎ハイレモン500mlを1本
  • スキットルに入れてきたジントニック200mlをすべてトニックで割って飲む。
  • ワインボトル1本

と楽しすぎて普段街で飲む量を飲んでしまいました。

山小屋での深酒!翌朝の山頂アタックにどのような影響があるのか?

翌朝6時間もダラダラ飲んでましたが、飲む前にウコンを飲んでいたのと、水をよく飲んでいたので頭が痛くなるほど二日酔いにはなりませんでした。

ただ身体が重い!おそらくあの時の僕はCMの吉瀬美智子を凌駕するくらい「だるおも」です。

とにかく喉が渇く!

重いザックをデポして山頂に向かいます!

常念乗超〜山頂のピストンのコースタイムは1時間45分。気温はマイナス3度くらい。

通常ならペットボトル500ml1本くらいで済みます。

前日飲んだことを完全に忘れて山頂アタック!しばらくすると

ヤバイ!!水が足らない…

  • お酒による利尿作用で朝出した分、軽い脱水症状を起こしている。
  • 脱水状態でアルコールが分解されにくくなり血液がドロドロになっている。
  • 登りで微量の汗が流れる。

などの状態で、喉が水分を欲しているのではなく、内臓が水分を欲している感じになってしまいました。

少しずつ水分を取っていきごまかしました。

山頂到着!そして下山途中にまた別問題が

山頂でしばらく止まっていると喉の渇きが収まりました。

そして下山。

しばらく下山するとまた別の問題が発生!!

 

 

 

 

ああ!トイレに行きたい!!(小)

 

 

昨日あれだけ水分とアルコールを取っていたので、翌日もトイレが近くなります。

僕はパーティーを抜け出して一足先にトイレのある山小屋へ向かいます。

すごい漏れそうでヤバイです!ただしここでは出来ません!!

ここはだだっ広い死角なしの稜線上!右も左も上も下も後ろも前も誰かに見られてしまいます。

うう…山で簡単に用を足せない女子の気持ちがすごくわかります。

そしてまた別の問題が!!

トイレを我慢している分、集中力が欠けてくる。

昨晩の雪が残っており、気を抜くとすぐにスリップして転倒します。集中してシビアな足さばきが必要になります。

しかしこの時点では漏れないように膀胱8割、足さばき2割の比率で集中して下山。よくスリップして尻もちつきました。

そして

なんとか漏れそうになりながらもトイレに到着!!

なんとか間に合いました!!

清々しさは山頂よりトイレ前の方が格段に上です!!

まとめ

いかがでしたでしょうか。山小屋での深酒はろくなことない。

今回5人パーティーで山頂アタックしていたので、1人先に山小屋へ下山しても特に問題はなかったのですが。

これがカップルだととんでもなくモテないことになります。

  1. 山小屋でベロベロになり醜態を晒す。
  2. 翌朝山頂アタックで喉が渇いたと連呼。
  3. 下山途中もトイレに行きたいと連呼。
  4. 雪で滑りやすい登山道で彼女が苦戦している中、トイレがしたい為に放ったらかして先に下山する。

といった行為で大自然で彼女の気持ちが自然と離れてしまいます。

なので、彼女と二人で登る時や山頂アタックが控えている時。

僕みたいに楽しいとトコトン酒が進んでしまうタイプの人は、初めからお酒を少しだけ持っていくことに限ります。

山小屋での飲酒。

  • 飲んで楽しんで苦しむか?
  • 程々に飲んで楽しんで楽するか?

今後の山小屋登山での永遠のテーマになりそうです。




2 件のコメント

  • 久しぶりです
    携帯画面割って、ザック濡らして、小便がまんして、
    相変わらずアホな登山してますね、笑。
    またどこかでご一緒したいですね、
    では!

    • ちあきさん。

      ちあきさんアホな登山はたまたまです!たまたま!笑

      でもちあきさんとの出会いが僕が涸沢ヒュッテで泥酔している所を起こしてくれたことが始まり…

      説得力ないですね笑

      はい!また夏のアルプス一緒に行きたいですね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    こうたろ

    登山歴6年。仕事中やそれ以外でも常に登山でモテたいことばかり考えているアホ登山家。 ボルダリング3級クライマーでもある。 登山回数240回以上の経験を生かした恋愛に関する記事を書いています。 目指せ!アウトドア界のホットドックプレス!! 詳しいプロフィールはこちら