日本100名山!費用は?難易度は?達成した山ガールがいたのでいろいろ質問してみた!!




The following two tabs change content below.
こうたろ
登山歴6年。仕事中やそれ以外でも常に登山でモテたいことばかり考えているアホ登山家。 ボルダリング3級クライマーでもある。 登山回数240回以上の経験を生かした恋愛に関する記事を書いています。 目指せ!アウトドア界のホットドックプレス!! 詳しいプロフィールはこちら

ども!

山の恋愛事情は俺に任せろ!

こうたろです。

いやあ。山に登り続けると素敵な出会いがあるもんですねえ。

先日、北アルプス常念小屋で次の日に常念岳で100名山達成するという山ガールAさんと出会いました。

100名山を達成した人は周りにいなかったので

「うわー!!すっげー質問しまくりたい!!」

と思い後日インタビューしました!(ちなみ彼女と出会ったその日は僕がベロベロに酔っていたのでインタビューできませんでした。)

日本100名山とは?

日本百名山 小説家であり登山家の深田久弥が

  • 山の品格
  • 山の歴史
  • 山の個性

を基準に本人が実際に登って選びだした山々。

この100名山を目標にしている登山者は結構いますが、実際に完登する人は数少ないです。

日本百名山 標高順一覧 登山データ

それではさっそくインタビューしてみましょう!!

100名山費用はどれくらい?期間は?

こうたろ
まずは100名山すべて登頂おめでとうございます!!

Aさん
ありがとうございます!!

こうたろ
ぶっちゃけ費用てどれくらいかかりました?

Aさん
いきなりお金の話ですか!笑

こうたろ
はい!めちゃ気になります。

Aさん
一般的に100名山行くのには200万円〜300万円と言われてます。

こうたろ
に!200万円!さ!300万円!!!

Aさん
私はほとんど山小屋泊で車もほとんど使わず、電車、バス、タクシーを使ったんで200万円よりも上かも。詳しくは数えてないんでわかりませんが。

こうたろ
100も山に行くともうわからなくなりますよねえ。
こうたろ
期間はどれくらいかかりました?

Aさん
11年です!!登山歴と同じです!

こうたろ
すごい!長期戦を制しましたね!会社の休み取るのも大変だったんじゃないですか?

Aさん
はい!大変ですね。でも私、個人経営のクリニックの受付をしてまして、長期休暇は院長の気分次第なんです。だから年末年始やお盆休みは私の山行予定に合わせて「院長!お盆休みはこの日からこの日までにしましょう!」みたいな笑

こうたろ
実質Aさんの気分次第ですね笑

100名山を目指したきっかけは?

こうたろ
まず100名山を目指したきっかけを教えてください。

Aさん
10歳のときに登った富士山の美しい景色をもう一度見たいと思い2005年から2007年の間に4回富士山に登ったんです。その後ですかね。

こうたろ
4回も!!また登りましたねえ。

Aさん
はい!友達と行った1回目2回目は天気が悪かったんで。

10歳の時に見た美しい景色をどうしても見たくて!兄と行った3回目、友達と行った4回目は快晴で10歳の時に見た景色と同じでした!

こうたろ
時間はかかりましたが同じ景色を見れてよかったですね。

Aさん
はい!そこから友達が「富士山の山小屋は何回も泊まったが他の山小屋も泊まりたいねえ」って。で私がJTBの100名山の本を買ってきてそれを見てたらどれも美しい山なんですべて制覇したくなって!まだ山登り始めたばかりなのに笑

こうたろ
登山始めたばかりなのに100名山目指す!スタートダッシュがすごい!!笑

僕なんて地元の里山何回も登ってから富士山に行きましたよ。

Aさん
はい!本の景色が美しすぎて居ても立ってもいられなくて。それから2座目は北岳目指しました!!

こうたろ
いきなりトップワンツーを目指すんですね!

Aさん
はい!でも登山初心者なんで体力と時間管理に苦労しました。富士山のときは写真バシャバシャ撮ってもコースタイム通りだったのに北岳だと全然違う。

こうたろ
富士山は標高は高いけど山小屋も多く道が安定していて初心者でも登れる山。登山をガッツリしている人が登る北岳とは難易度が全然違いますからね。

Aさん
はい!山の洗礼を受けましたね。でもこのときは天気がバッチリ快晴で山頂の景色もとてもキレイで疲れは吹っ飛びましたね。

もしこの北岳がガスってたり雨だったら私は100名山はそこで諦めていましたね。

こうたろ
わかります。ヘトヘトに疲れた登山で景色のご褒美なしはキツイですね。

100名山を目指すに当たって意識した順路は?

こうたろ
全国にある100名山。登る順番をどうするかによって大きく期間が変わりそうですね。

Aさん
まず意識したのは有名所を最後に残す!槍ヶ岳や奥穂高岳などを最後の方に残すことによって後半のモチベーションを維持する作戦です。

こうたろ
なるほど!!定食で好きな食べ物は最後に食べる作戦と同じですね!!

Aさん
そうです!こうたろさんも残す派ですか?私も残す派なんです!!

だって最後の山が100名山のあまり知られていない山だと周りも「ふーんどこそれ?」みたいになるじゃないですか。

こうたろ
確かに!有名所でエンディングを迎えたいですからね。

Aさん
最初の方は近くの関東近辺から。初めての遠出は35座めの石川県の白山ですね。そこから北海道行ったり九州行ったりと転々としましたね。あと登り方も変わりましたね。

こうたろ
登り方というと?

Aさん
最初の頃は、JTBの本に書いてあったオススメのコースを歩いていました。だいたいそういうのは最短コースだったりするんですよね。でも途中からせっかく山にいくならおもいっきりその山を楽しもうと思い、山と高原地図を広げ気になるコースを歩くようになりました。

日帰り可能な山もあえて遠い登山口から入って何日も縦走する…みたいな。

こうたろ
その方が山全体も楽しめるしなによりトレーニングになって体力がつきそう!

体力的にキツイ山?技術的にキツイ山は?

こうたろ
まず体力的にキツイ山は?

Aさん
北岳ですね。85座目の間ノ岳に向かう途中に通るんですが、85座も制覇しているので2座目に登った北岳よりも相当体力が付いているから大丈夫と思ったんですが、やっぱりきつかったですね。

こうたろ
83座登った経験値を持ってしてもまだキツイ山!恐るべし北岳。

技術面でキツイ山は?

Aさん
鎖場の多い剱岳と幌尻岳ですね。

こうたろ
剱岳はなんとなくわかりますが、幌尻岳?

Aさん
はい!北海道の山でルート上通常時でも膝下くらいまで濡れる沢渡があるんです。なのでみんな沢登り用の装備。沢足袋なんかを持っていきますね。

こうたろ
沢渡のテクニックやその為だけに沢渡用の装備が必要!?普通の登山道では聞いたことないし、技術要りそうですね。

危険な目に合ったりしなかったですか?

こうたろ
100も険しい山に登ったら危険な目も合ったでしょう?

Aさん
そんなになかったですよ!  ん?待てよ。あれもこれもたくさんありました!

こうたろ
すごい!ちょっと思い返したらどんどん出てきそう!

羅臼岳で熊見ました。

Aさん
羅臼岳で熊を見たり!

こうたろ
熊!!!

Aさん
はい!300mくらい離れてたから大丈夫でした。でも彼が本気でこっちに走ってきたら一瞬で殺されますよね。笑

こうたろ
全然笑えません。

トムラウシ山で低体温症になりかけました。

Aさん
あと北海道のトムラウシ山で低体温症になりかけたことですね。

こうたろ
あの2009年に8名の方が低体温症で亡くなった事故があった山ですね。僕もあの山岳事故の本を読んだことがあるんですが低体温症怖いですよね!

トムラウシ山遭難事故 – Wikipedia

Aさん
元々予報が悪かったんですが、最終日なんでいけるだろうと思い南沼のキャンプ場から天人峡に向けて下山しました。トムラウシ山登り返しの時に雨風が激しくなり、下山の8時間のうち6時間は風を遮る場所が無くてずっと雨風に打たれてましたね。

そして手が動かなくなって低体温症の初期症状が出た時、トムラウシ山の遭難事故が頭によぎって

こりゃ死ぬな!って思いましたよ。

その時のパートナーのBさんが「休憩して何食べますか?」て言ってくれたんですが、

私は止まりません!止まるとたぶん

もぅ動けません!!

て言ってゆっくりでも歩きましたね。

こうたろ
止まると死ぬ!そんな状況今まで出くわしたことないです。

Aさん
今思えば避難小屋まで戻って乾いた服に着替えれば良かったかと。色々反省ですね。

こうたろ
トムラウシ山の本を詳しく読んだことがあるだけにすごく怖い話ですね。そんな雨風激しいところで捻挫なんてしたら一巻の終わりですね。北海道の山憧れるけど怖いです。

赤石岳で雷に

Aさん
49座目の南アルプスの赤石岳も雷に脅されて怖かったです。

3000mの稜線ですよ!前後左右ゴロゴロなってましたね。

こうたろ
山の本格的な雷に出くわしたら、上からだけでなく横からも下からもきますもんね。

Aさん
で数人でハイマツの下にしゃがんでいたらあとから来た人が

このゴロゴロなっっている状態だけなら山小屋に逃げ込める!走ろう!!

て言ってくれて皆で山小屋にダッシュしてなんとか助かりました。

こうたろ
その人に出くわさなかったら命が危なかったかもしれませんね。
Aさん
ほんとそうですよ〰でもその人がその日から5年間100名山を同行してくれる心強いパートナーとなりました。

こうたろ
雷に合ってなかったらその人とも出会えなかった!人の運命てわからないものですねえ。

登山開始わずか10分で捻挫!

こうたろ
他になにか危険なことはありましたか?
Aさん
まだまだありますよ!登山開始10分で捻挫したり!

こうたろ
そんなとあるんですか!!
Aさん
はい!41座目の北海道利尻岳登ったあとに2日ほど観光をしてヘロヘロだったんです。そして黒岳を経て旭岳を目指そうとした時。開始10分でグキッと。

こうたろ
ショックだったんじゃないですか?
Aさん
はい!でも気持ちを切り替えてすぐ下山してまた北海道観光を楽しみました笑

こうたろ
切り替え早!!!!
Aさん
そのあと長引いて4ヶ月で完治してまたさらに4ヶ月間リハビリして四国の山に向かいましたね。

こうたろ
大きなロスがあったんですね。100も登れば捻挫もしそう。

思い出の山小屋ご飯は?

こうたろ
それだけ山小屋に泊まっていたらグルメ情報も気になりますね。

Aさん
黒部五郎小舎で食べた天ぷらですね♪

こうたろ
天ぷら!?また珍しいですね。

Aさん
はい!本当に美味しくて友人にも勧めたんですが、後日ひとりで黒部五郎小舎に行った友人がその天ぷらを食べて「普通の天ぷらじゃん!」て言われちゃいました。

こうたろ
何が違ったんでしょうか?でも登山はその時に疲労状況によって美味しさは変わりそうですね。でも黒部五郎小舎の天ぷら気になります。

Aさん
あと水晶小屋で知らないお客さんと私含めて2人しかいなかったからカレーの鍋を2人占めしたことですかねえ。

こうたろ
2人!なかなか聞かない話!思い出に残りますねえ。

Aさん
あとは立山のみくりが池温泉でのお刺身!富山県は海に近いんでお刺身出るんです!

こうたろ
山でお刺し身!!珍しい!食べたら山なのに刺し身!?と頭が混乱しそうですね。

この100名山で得たモノは!?

こうたろ
この100名山得るものは多かったと思いますが何が一番よかったですか!?

Aさん
ズバリ仲間ですね!!

こうたろ
どんな仲間ですか?

Aさん
北海道の山で知り合ったBさんや赤石岳で知り合ったCさんやその他大勢。そこで知り合ったみんなが車出してくれたり、一緒に登ったりしてくれて100名山達成により近づきましたね。

こうたろ
目標に向かって頑張っている人はつい応援したくなるんですよ!!

Aさん
よく北海道の山なんて熊もいるし天気が崩れるとほんとに危ないので私ひとりだと難しかったと思います。色んな人が同行してくれてほんとに助かりました。

こうたろ
長い山旅途中でどんどん仲間ができる。ワンピースのストーリーみたいですね。

俺は山賊王になる!!みたいな

Aさん
ちょっと何言ってるかわかりませんが…

でも100名山登ったことも嬉しかったですが、それより素晴らしい仲間と出会えたことや夢中になれることが見つかったことがなによりの宝物です。

みんなには感謝してもしきれませんっ!

本当にありがとうございました!

こうたろ
うう…ええ話やー…

これからの目標は?

こうたろ
よく制覇した人は100名山ロス(制覇した後、登山の情熱が無くなりやめること)とかあるって聞きますけどAさんはどうですか?

Aさん
ないですよ!笑 私は山が大好きなんで!!

こうたろ
でしょうね笑。山好きが声から伝わりまくります。次の目標は?

Aさん
そうですねー縦走が好きなので有名な縦走路に行きたいですね!トムラウシ山から十勝岳に抜ける縦走路とか羅臼岳から硫黄岳に抜ける縦走路

とかあとは奥駈俊徳道とか!

こうたろ
お!!関西圏やないですか!吉野から熊野までの80km!

Aさん
はい!気になりますねえ。

こうたろ
行く時は是非ご一緒させてください!!女人禁制のルートは僕も通らずに下まで迂回するので!!

Aさん
はい!タイミングが合えば。

まとめ

いかがでしたでしょうか。100名山インタビュー。

100名山に登っているとほんとにいろいろな出会いがあるんですね。

都会と違って苦しい登りを体験した同士。これから厳しい山に挑むという同士ということで

登山は知らない人と人の距離をかなり縮めるスポーツではないでしょうか!

最後にAさんお忙しい中、長時間の電話取材、本当にありがとうございました!

これからもますますのご活躍をお祈り申し上げます!!

 




4 件のコメント

  • 100名山登頂の瞬間に
    出会えるのはなかなかない事
    ですね^_^

    どんな事にも目標って
    大事ですね!

    100名山をやり遂げて良かった事
    仲間、というのは素晴らしいですね
    1人で山に行っても知らない誰かに
    支えられる事は多いと思います(^^)
    またそれで人生も変わるの
    でしょうね

    • トモさん

      おっしゃるとおりです。壮大な挑戦や長く山の中にいるほど仲間ができますね。

      そう思うとこれからどんどん山仲間ができる! 楽しみで仕方ありません。

  • Aさん、次は楽しい縦走メインにシフトですね。
    奥駆は2000年に歩いたことがありますが、南部の方はほとんど人がおらずまさに秘境でした。 
    世界から見れば小さな島国ですが、なかなかたくさんのロングトレイルが楽しめるコースやびっくりするような秘境があるのがここ日本。
    また山でお会いしましょう!

    • べっち様
      奥駈行ったことあるんですね!!そんな人と初めてお話します!

      そうですね!ロングトレイルはピークを狙う登山と違って、より山旅感を楽しめますね。
      久しぶりにやってみたいですねえ。

      僕の見た目はブログのグラサンかけている通りなんで、もし偶然見かけたら声掛けしてもらえたらうれしいです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    こうたろ

    登山歴6年。仕事中やそれ以外でも常に登山でモテたいことばかり考えているアホ登山家。 ボルダリング3級クライマーでもある。 登山回数240回以上の経験を生かした恋愛に関する記事を書いています。 目指せ!アウトドア界のホットドックプレス!! 詳しいプロフィールはこちら