【オリンピック公式アイテム】被る傘を被って登山してみた!良い所?悪い所は?




The following two tabs change content below.
こうたろ
登山歴6年。仕事中やそれ以外でも常に登山でモテたいことばかり考えているアホ登山家。 ボルダリング3級クライマーでもある。 登山回数250回以上の経験を生かした恋愛に関する記事を書いています。 目指せ!アウトドア界のホットドックプレス!! 詳しいプロフィールはこちら

ども!

山の恋愛事情は俺に任せろ!

こうたろです!

今回は2019年5月24日にオリンピック公式アイテムとして小池都知事が発表した被る傘!

こいつが登山ギアとして役に立つかどうか!?検証していきたいと思います!

六甲山の芦屋川駅から風吹岩1時間半くらい歩きます。

被る傘のスペックは?

  • 開いた状態では65センチ
  • 閉じたときは45センチ

被る傘付け方

右上のように下の穴に差し込む形です。

結構しっかり入り込みます。

頭部はこのように調節可能です。

ただ元々キツイのかそんなに頭の大きくない僕でも後半は痛かったです!

なにか調節する方法を考えないといけませんね。

被る傘は通気口があって頭が蒸れにくい

360度通気口があるため頭が蒸れません。

穴も大きくなく、小雨でも穴に入りにくい仕組みになっています。

裏面もこのように通気口あり、頼もしい機能です。

被る傘!実際に被ってみて良いところ!

見た目はなかなかのもんですが、良い所、悪い所を検証していきたいと思います!

被る傘の良いところ

この日の気温は30度、日差しはきつかったです。

予想はできますが、直射日光を防ぐため被るだけ涼しいです。

また太陽が直接あたり、温度に敏感な首の後ろ部分もしっかりガード!

普通のハットよりさらにガードするので涼しく感じます♪

春!登山道に毛虫がぶら下がっており、知らず知らずに顔面に毛虫がぶち当たる!またはぶち当たりそうになることってよくありますよね。

ただ被る傘を被るだけで毛虫を防ぐことができます(毛虫には悪いですが)

被る傘その他の良い所

  • 両手が空いているために岩を両手で持てたり。
  • そよ風が吹くと頭に風が抜けて気持ちいい(思わずニヤけてしまう。)

などではないでしょうか。

  1. また日よけになるので涼しく感じる。
  2. 涼しいので水の量を減らせる。
  3. 水の量が減ると軽くなるので目的地まで早く着く。
  4. 目的地に早く着くと安全度が増す。

など登山に関してはメリットも多いです。

被る傘!実際に被って悪い所!

いいことばかりではありません。

もちろん悪い所もたくさんあります!

被る傘を被って悪い所 普通に恥ずかしい。

ネットでダサいダサい!と揶揄されている被る傘!実際に被っていると好奇の目で見られまくりです。

普通に恥ずかしいです。

  • オッサンなのに最近の流行りに乗っかったパリピ野郎!
  • おっさんなのにお調子者。」
  • ガチでかっこいいと思って被っている。

など勝手な被害妄想ばかり出てきながら登ります。

もうそこまで考え込んでしまうなら、普通にハットを被った方がよいかもしれません。

いつもより遥かに頭の形が大きいです。普通に被っていることを忘れて枝や柱にぶつかってしまいます。

シビアな岩場でぶつかってしまうと、それだけで滑落の危険性あり、人にも当たるかもしれないで、使う登山道は限られるかもしれませんね。

被る傘は上を向くとザックに当たる!

登山の登りは上を見ることがほとんど急な登りの場合は、傘の端の部分とザックが当たってしまいます!

これは毎回当たるとイラっとしてしまいますね。

被る傘は締め付けがキツイ!

この傘が駄目だったのか締め方が悪かったかわかりませんが、僕が使っている間は頭の締め付けがきつかったです。

僕はそこまで頭が大きい方ではないですが、一番調整を広くした状態でもきつかったです。

サイズをしっかり確認して購入しないといけませんね。

山ガールの意見も厳しかった!

道中に山ガールがいたので被っている僕を見ての被る傘のビジュアルについてインタビューしました!

山ガールの意見も厳しかったです。

  • まずは自分がかぶりたいとは思わない!
  • 観戦でみんな被っているなら大丈夫だが、歩くのは嫌!だとか!
  • 登山では使いたくない!

などのシンプルな意見!

小池都知事!

少し考えたほうがよいのではないでしょうか。

機能も大事ですが、まずはビジュアルありきですよお!

まとめ

被る傘を半日かぶりましたが、やっぱり被ると涼しくて心地よいです!

ただ人にどう思われてもよい!という強い心のを持ち合わせないと被れませんが、、、

もっとこれを利用する登山者が増えれば少しハードルも下がるかもしれませんね。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

こうたろ

登山歴6年。仕事中やそれ以外でも常に登山でモテたいことばかり考えているアホ登山家。 ボルダリング3級クライマーでもある。 登山回数250回以上の経験を生かした恋愛に関する記事を書いています。 目指せ!アウトドア界のホットドックプレス!! 詳しいプロフィールはこちら