野グソもやむなし!登山者が直面する山のトイレ問題とは




The following two tabs change content below.
こうたろ
登山歴6年。仕事中やそれ以外でも常に登山でモテたいことばかり考えているアホ登山家。 ボルダリング3級クライマーでもある。 登山回数240回以上の経験を生かした恋愛に関する記事を書いています。 目指せ!アウトドア界のホットドックプレス!! 詳しいプロフィールはこちら

ども!!山の恋愛事情は俺に任せろ!!

こうたろです。

突然ですが皆さんは山で野グソしたことありますか!?

はい僕はもちろんあります!!

山行回数が230回を超えるとお腹にとって色んなことが起こります。

  • 沢にハマって風に当たりお腹が冷えること
  • 弁当が当たったり
  • 前の晩の暴飲暴食のツケが山で爆発したり
  • 長期縦走テント泊でトイレがなかったり

など生理現象なので外でうんこするきっかけは山ほどあります。

今回は野グソ経験たった10数回の野グソビギナーの僕が経験した事を踏まえて、野グソのマナーと使える野グソ道具を教えます。

山で野グソはどこでするか?

外でうんこをしない現代人にとって野グソのポジション取りはなかなか思いつきにくいですよね。

ポイントを押さえていきましょう。

登山道から離れてする。

人間には羞恥心があります。

無ければ登山道の真ん中で大便している人に向かって

「おはようございます!いやあ調子がよさそうで何よりですね♪」

という会話があちらこちらで聞かれることになります。

登山道の真ん中に鹿の糞はよく見ますが人糞があると迷惑です。

羞恥心のある人はなるべく離れて木々や草むらに覆われた敵(ハイカー)に見つからない場所でしましょう。

ちなみに物音を隠してソッと身をひそめながらミッションを成功させる(うんこをする)ジャングルにいる兵士的な緊張感は都会ではなかなか味わえません。

(都会でいうと公園でアオカンする緊張感と似ているかもしれませんが、、、知りませんけど、、、)

よくお腹を壊す人は実用も兼ねて迷彩柄のウェアを装備した方がよいかもしれませんね。

傾斜があるところでするのは難しい。

登山道から離れたところには整備されていない為、人は少ないが傾斜が多いような気がします。

いくら足腰に自信があっても1日中歩いた足腰ではよろついて、登山靴にかかってしまうと事件です。

靴底にうんこは聞いたことがありますが靴の横にうんこは未知の世界なので。

水場の近くや川の上流はダメ。

水場の近くでもしてはいけません。大雨で川まで流れてしまい、大腸菌が蔓延します。

山でよくある沢の水を触って「うおーー!!チベテーー!!!」というテンション高めの若者が気の毒なことになります。

土以外ではしない。

土はバクテリアがうんこを分解して土に還します。 岩場はバクテリアがいない為、台風が何回もそのうんこに当たらないと流れないし、

もし誰かが見つけたときはっきりと形が残っているので不快な思いをします。

自然にやさしい野グソを助ける山道具達。

ただうんこしてそのまま放置ではなかなか土に還りません。

きちんと土に還すためにバクテリアが豊富とされる10㎝から15㎝まできっちり掘ってそこに出しましょう。

最後は土で埋めるのも忘れずに。

モンベルのハンディスコップは全長16㎝重さ40gと非常にコンパクトでまさにそれ用のスコップです!!

トイレットペーパー

ティッシュはなかなか土に還りにくいのでトイレットペーパーがよいですね。

出来るだけ細かくちぎって土に埋めてあげましょう。

ポンチョがあればよかった、、、

首から下を覆い隠すポンチョは万が一野グソを見られたとしてお尻は見られません。

3年ほど前僕は1泊2日で比良山ソロテント泊縦走をしていました。

比良山縦走はトイレがほとんどない為、野グソをしないと成立しません。

中間地点の金糞峠(タイミングよくこの名前)に泊まり、そこには小学生くらいの男の子とそのお父さんが泊まっていました。

翌日見つからないように少し遠くで野グソをしていたらガサガサと音がした瞬間

「お父さん!!昨日のおじさんあそこでうんこしてる!!」

と父親の方に向かってダッシュしている小学生の背中が見えました。

アラフォーのおっさんが小学生に野グソをしているところ目撃されダッシュで親に報告されるこの屈辱、、、

ポンチョをしていればよかったなあ。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

自然に優しい野グソとそのアイテムたち。

僕は野グソをする覚悟を決めると登山のレベルがグッと上がると思います。

比良山縦走やダイヤモンドトレールなどトイレのないところで長期縦走できる選択肢が増え、そこにトライ出来るからです。

そよ風に吹かれ鳥のさえずりを聞きながら自然に囲まれてする野グソ。実際にしてみると開放的になり気持ちいいですよ。

女性の山のトイレ問題。5つのスマートな対応で好感度を上げよう!!

2018.09.04




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

こうたろ

登山歴6年。仕事中やそれ以外でも常に登山でモテたいことばかり考えているアホ登山家。 ボルダリング3級クライマーでもある。 登山回数240回以上の経験を生かした恋愛に関する記事を書いています。 目指せ!アウトドア界のホットドックプレス!! 詳しいプロフィールはこちら