ジャンダルムテント泊縦走1日目!(大阪〜平湯キャンプ場)




The following two tabs change content below.
こうたろ
登山歴6年。仕事中やそれ以外でも常に登山でモテたいことばかり考えているアホ登山家。 ボルダリング3級クライマーでもある。 登山回数240回以上の経験を生かした恋愛に関する記事を書いています。 目指せ!アウトドア界のホットドックプレス!! 詳しいプロフィールはこちら

ども!

山の恋愛事情は俺に任せろ!

こうたろです。

いやあ!!なんとか生きて帰ってきました!!ジャンダルム!!

こうたろ!ジャンダルム(西穂高山荘〜穂高山荘)登山に挑戦!!

2018.08.10

では早速1日目から順番に記事に挙げたいと思います。

その前に行動予定から

ジャンダルムの行動予定!

  • 8月12日大阪〜平湯キャンプ場
  • 8月13日平湯キャンプ場〜②西穂山荘
  • 8月14日②西穂山荘〜③穂高山荘(ジャンダルムアタック)
  • 8月15日③穂高山荘〜⑥涸沢ヒュッテ
  • 8月16日⑥涸沢ヒュッテ〜㉔上高地
  • 8月17日㉔上高地〜大阪

の行動予定です。

今回はなんとしてもジャンダルムを制覇したいため、悪天候の時、その場で待機できる予備日は3日!

これだけあれば充分に行けるでしょう!

青春18切符で大阪〜平湯キャンプ場

昨年は高速バスで高山まで移動し、そこから新穂高ロープーウェイまで一気に行こうと思いました。

しかしお盆の大渋滞で高山まで8時間もかかってしまい、終ロープーウェイに間に合わず,,,

今年は電車で行きます!

電車も同じ8時間だし、青春18切符なら値段も半額!ということで電車でGO!

平湯キャンプ場到着!!

自宅から9時間かけて平湯キャンプ場到着!!

道中、携帯バッテリーも温存しないといけないので、スゲー暇!!

頭の中で自伝を作り、軽く5周してしまいました!

そして前から気になって是非泊まりたいと思っていた平湯キャンプ場!

結構広くて周りを見渡すと熟練キャンパーたちが優雅なひとときを過ごしています。

この空気感僕は好きです!!

受付を済ませて

で早速テントを張ります。

こうたろはどこにテントを張るか?その基準は?

これだけ広いテント場どこに張るか選び放題です。僕の基準は

  1. 地面がフラットである。
  2. 雨が降っても水浸しになりにくそうな場所
  3. 周辺にいくつかテントが張ってある。(寂しくないため)
  4. 近くにトイレがある!

④が重要!!

僕は自他共に認める頻尿家!とにかく酒を飲むとトイレが近い!

居酒屋で調子がいい時は10分に1度行くほど!

トイレが近いのでトイレも近くないとダメなんです。

さっそく平湯温泉へ!

毎年利用している平湯温泉!

平湯キャンプ場からは

  • 徒歩12分
  • 自転車3分
  • 自動車1分
  • 飛行機なら0,001秒となります。(ただし平湯キャンプ場にも平湯温泉にも空港がない為、現実的には無理です。)

そして風呂に入ります。

ただジャンダルムに行く際、誰もが思うことですが、僕は1週間前から「死んだらどうしよう,,,」とビビりまくっています。

これが最期のお風呂かもしれないとふと頭によぎります。

そして

  • 最期かもしれない頭を洗い
  • 最期かもしれない腕を洗い
  • 最期かもしれない足を洗い
  • 最期かもしれない股間を洗います。

最期かもしれないので行きずりの女の人とそういうホテルに入ってしまったのごとく体を洗います。

夕食

温泉から戻ってくると突然の大雨!!

仕方なく前室でお鍋します。(ああ、外でヘリノックスチェアに座っての優雅なお鍋がなくなる,,,)

大阪で買った信州産のウィンナーを信州で食べる!これがかの有名なUターン食材です。

前室でガスを使っての一酸化炭素中毒死、結構聞きます。

なんだか心なしか頭がボーっとしてきました。

ジッパーを開けて顔面が雨に当たりながら、外の空気を吸って飯を食うの繰り返し。

いきなり試練です。

ここで死んだら何しにきたかさっぱりわかりません!!

朝を迎え

前日の大雨でフライはビチャビチャ

朝を迎えて飯を食べて平湯バスターミナルへ!

前日の雨にひどい目に合ったこうたろ。

この時これからもっとひどい目に合うとはまだ知る由もなかった,,,

ジャンダルムテント泊縦走2日目!(平湯キャンプ場〜西穂山荘)

2018.08.21

 




4 件のコメント

  • こうたろさん、ブログ初めて拝見させて
    いただきました(^^)
    めちゃくちゃ面白くて笑いながら
    読んでいました。
    無事に帰還できて良かったです!
    お互いに(^^)
    続き楽しみにしています。

    • ともさん。
      ブログ読んで頂きありがとうございました。
      下山中結構風がきつくてヒヤリとしましたがなんとかなりました。
      ともさんは槍の方まで行ってきたのですか?

      続き楽しみにしてください。

      今後ともよろしくお願い申し上げます。

      • あの次の日に他のソロで来ていた
        人達といきなりパーティを組みまして
        奥穂に登頂、そして涸沢経由で上高地
        まで下りました(^^)
        次の日は晴天でしたよね

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    こうたろ

    登山歴6年。仕事中やそれ以外でも常に登山でモテたいことばかり考えているアホ登山家。 ボルダリング3級クライマーでもある。 登山回数240回以上の経験を生かした恋愛に関する記事を書いています。 目指せ!アウトドア界のホットドックプレス!! 詳しいプロフィールはこちら