アウトドアのクリスマスプレゼント!相手も自分も一緒に使って喜ぶ物がオススメ!




The following two tabs change content below.
こうたろ
登山歴6年。仕事中やそれ以外でも常に登山でモテたいことばかり考えているアホ登山家。 ボルダリング3級クライマーでもある。 登山回数240回以上の経験を生かした恋愛に関する記事を書いています。 目指せ!アウトドア界のホットドックプレス!! 詳しいプロフィールはこちら

ども!

山の恋愛事情は俺に任せろ!

こうたろです。

登山やキャンプをしていると、あれやこれやと欲しいアイテムばかり。

毎年新商品や便利商品がどんどん出てきて、みんな物欲まみれになります。

そしてそれとは別に、もうすぐクリスマス!

普段お世話になっている山仲間やキャンプ仲間にプレゼントを渡すこともあるでしょう。

そこで僕は考えました。

自分が欲しいアイテムを仲間にプレゼントして、ちゃっかり自分も一緒に使うことができるのではないか?

そんなイヤラシイ下心を持って相手に渡すプレゼントを紹介したいと思います。

ヘリノックステーブルワン

最近僕の周りでもヘリノックスに座っている人たくさんいます!

軽さと耐久性とデザイン!今や最も信頼されるアウトドアチェアのひとつではないでしょうか。

登山デートにイス。何持って行く!?正解はヘリノックスチェアワンミニだ!!

2018.05.24

でもヘリノックスのイスは持っているひとはたくさんいますが、テーブルを持っている人はほとんどいません。

あれやこれやと揃えければいけないキャンプ道具。さすがにテーブルまでブランド物にする人は少ないかもしれません。

テーブルワンはヘリノックスチェアの特徴と同様に

  • 670gと軽い!!
  • 超軽量アルミニウム合金製ポールが使われているため、耐荷重は50kg
  • 500mlペットボトルより少し大きいくらいにコンパクトになる。

アウトドアの理想の基本スペックを余裕を持って兼ね備えています。

もしあなたが同じものを持っていても、一緒に使えばより多くの人をキャンプに呼べます。

是非!あなたが渡したテーブルで堂々と使ってみてはいかがでしょうか。

パーゴワークスは2011年にスタートした日本のアウトドアブランドです。

ブランド名のPAAGOは ”Let’s pack and go!” を略した造語です。「さあ、荷物を詰め込んで出かけようぜ!」という旅立ちのメッセージを込めています。ブランドマークは折り紙の手裏剣です。折り紙は創造性、手裏剣は機能性を表すと同時に、日本人の武器として、世界にも通用する道具を作りたいという気持ちを表現しました。

我々の作り出す道具は既成概念にとらわれないユニークさと、誰もが無理なく使えることが特徴です。これを具現化するために“UNIQUE & UNIVERSAL DESIGN”をコンセプトに日々デザイン開発に取り組んでいます。

引用元:ABOUT | PaaGo WORKS パーゴワークス

登山やキャンプで色々アイテムが揃ってくるとやりたくなるのが焚き火!

炎を見ていると落ち着いたり安らいだりしますよね。

最近、感度の高いアウトドアファンが愛用しているパーゴワークスから出た焚き火台!

ニンジャファイアスタンド!

収納ケースがニンジャのように巻物になっており、このストーリ性がさらに物欲を掻き立てます。

重さは焚き火として最軽量の280gこれをプレゼントにして、ついでにあなたも一緒に暖をとりましょう。

あまりの暖かさに「いやあほんとプレゼントしてよかった!」と言い過ぎるとこちらの作戦がバレます。ご注意を。

タープ ZEROGRAMMinimalist Ⅲ HexaーTarp

キャンプ場でよく見る日光や雨を凌ぐフライ。

タープなしのソロキャンパーにとっては他人のタープを見ては物欲ヨダレが出てしまいます。

また登山中心のキャンプをする人にとってはなかなか手の出にくい代物。

これを機会にタープを仲間にプレゼントしてちゃっかり自分も使ってはいかがでしょうか。

ZEROGRAMのタープは4〜6人使える大型サイズでありながら590gとかなり軽量です。

両面をシリコンコーティングした「30DCORDURA」という生地は3000mm以上の耐水圧があります。

ちなみに普通の傘は250mmの耐水圧なので大きな違いです。

ボルダリングマット

室内のボルダリングと違い、怪我の可能性がグッと上がる外岩ボルダリング!

マットの数が多ければ安全です。

またマットの上にマットを重ねたりすることでさらに安全度が増します。

マットを持っていない外岩仲間にはボルダリングマットをプレゼントしてはいかがでしょうか。

マットを買う買うといって躊躇しているクライマー!結構います。

もちろんその人の部屋の大きさもあるので事前にさり気なく質問をしないといけませんね。

 

昨今、街だけでなく山やキャンプでも燻製ブーム。本屋にはたくさんの燻製レシピの本が並んでいます。

そこで料理好きのあの人にSOTOのいぶし銀お手軽スターターキット!

料理好きで研究熱心なあの人にプレゼントをすると、あなたが喜ぶ燻製料理をプレゼントしてくれるかもしれませんね。

いやはやなんともイヤラシイプレゼントです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

相手も自分も喜んでしまうプレゼント。

まず大前提として自分だけが欲しいものをではなく、相手も日頃から欲しがっているアイテムを渡すことです。

これらのものをプレゼントすれば相手も、自分も、そして所属グループにも喜ばれ、皆で快適なアウトドアライフを過ごせることとなるでしょう。




1 個のコメント

  • 相手も自分も使えるプレゼント
    良いですよね!
    下心がバレるかもしれませんが
    仲良くいれるアイテム!と思えば
    愛すら感じそうですね

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    こうたろ

    登山歴6年。仕事中やそれ以外でも常に登山でモテたいことばかり考えているアホ登山家。 ボルダリング3級クライマーでもある。 登山回数240回以上の経験を生かした恋愛に関する記事を書いています。 目指せ!アウトドア界のホットドックプレス!! 詳しいプロフィールはこちら