僕が電車バスで登山に行く道中に起こった癖の強い小話




The following two tabs change content below.
こうたろ
登山歴6年。仕事中やそれ以外でも常に登山でモテたいことばかり考えているアホ登山家。 ボルダリング3級クライマーでもある。 登山回数240回以上の経験を生かした恋愛に関する記事を書いています。 目指せ!アウトドア界のホットドックプレス!! 詳しいプロフィールはこちら

ども!

山の恋愛事情は俺に任せろ!

こうたろです。

車を持っていない僕は山に行く手段は電車、バスなど公共交通機関ばかり。

そんな中で起こった癖のある3つのエピソードを紹介したいと思います。

地下鉄での異臭騒ぎ

平日朝、登山向かう時の地下鉄内の話です。

僕が登山口最寄り駅に向かって地下鉄に座っていると、前に女子高生二人組が座っていました。

そして僕は今日の登山ルートをチェックしようと買ったばかりの「山と高原地図」を取り出しました!

すると女子高生二人組が

女子高生A
ねえ?なんか急に臭くない?

女子高生B
うん確かに臭いよねえ。

どうやら原因は僕の持っている新品の「山と高原地図」のようです。

「山と高原地図」は印刷の上にニスが塗っており、新品だと結構な異臭を放ちます。

若くて鼻の鋭い女子高生は僕らよりさらに異臭を感じるのでしょう。

女子高生A
うわーほんとに臭い!マジありえないんですけど!

女子高生B
うん!ほんとに!この臭い何の臭いだろ?

「山と高原地図」を知らない女子高生、まさかこんな地図1枚が強烈な臭いを放つとは夢にも思いません。

女子高生の中で犯人探しが探します。

女子高生A
ほんとこれ!何の臭い?

辺りを見回します!

3分くらい見回しての犯人探し、そこからしばらくすると

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

女子高生A
あ!わかった!これはゲロの臭いだわ!!!(名探偵風に)

女子高生B
うん!そうよね!きっと誰かが吐いた後に掃除したのよ。

違うわ!!!

「それやったらそれでなんで急にゲロの臭いするねん!!」

と思いながらそっと地図をザックに入れて異臭騒ぎは終了となりました。

電車の中での騒音騒ぎ

登山をしているとアドレナリンが出て少し気分が高揚します。

その気分も手伝ってか、日頃のうっぷんを発散する為に「会社の同僚」や「家族」「友人」などの悪口や愚痴を登山仲間に話すこともあります。

特にその事情を全く知らない登山仲間に話すと頭の中が整理されてスッキリするものです。

前に学生時代からの友達Aくんと六甲山登山に行きました。

Aくんは日頃のうっぷんからか登山口まで我慢できなかった模様。

平日の朝、満員電車で奥さんに対して込み入った悪口を言いまくります。

A君
しっかしあいつがアパレル会社を起業した時、俺は自分の貯金を渡してまで応援してんぞ!!

こうたろ
すごいなあ!メチャやさしいやん!

A君
せやで!!それやのに俺が「居酒屋やりたい!」ていうたらちょっと成功しているからって!「あんたには無理に決まってるやん(笑)」て最初から鼻で笑ってバカにしやがって!どう思うよ!!

公衆の面前で込み入った話をデカイ声で延々話すA君。

聞いている僕も結構恥ずかしいです。

こうたろ
せやなあ。お前の言う通りやわ。ちょっと奥さん優しさ足らんなあ。

でもそれより今満員電車やからちょっと声のボリューム下げようか。俺ら今、車内の注目度NO 1やからさ。

A君
おお!わかったすまんなあ!

でやなあ。ある時パタゴニアのアウトレット行ってさあ。俺が18,000円のナノパフジャケット買おうかどうか真剣に悩んでてんよ。

こうたろ
真剣に悩む時あるよなあ。

A君
そしたら嫁が後ろから「そんな値段安いやつ悩まずに買ったらいいやん」とか言い出しやがんねん。

おれ小遣い月3万やぞ!真剣に悩むちゅうねん!!自分は必要経費やらなんやで普通に20万のコート買いやがって!!!

こうたろ
ボリューム!!ボリューム!!!

どんどん声デカなってるし!!

興奮しきったAくんはもう4杯以上飲んだ立ち飲み屋状態!

このボリュームのアップダウンは目的地の芦屋川駅まで続き、結構恥ずかしかったです。

皆さん日頃のうっぷんを話すのは結構ですが、静かな登山道で話しましょう。

高速バスで出会ったメルヘンおばさん

以前北アルプスのジャンダルムに行こうとした時、大阪から高山までの高速バスに乗った時の話です。

途中大渋滞に合い、16時30分の終発の新穂高ロープーウェイに間に合うか微妙でした。

間に合わなければその年のジャンダルム制覇計画が頓挫するので僕は「とにかく間に合ってくれ!!」と願うばかりでした。

すると僕のとなりに座っていたおばさんがいきなり僕に話しかけました。

メルヘンおばさん
あのね!!バスに急に羽が生えてね!こう「ビャー!」と上に上がって前の車をどんどん抜かしたらいいのにね!

こうたろ
はい?

メルヘンおばさん
いやだからね!バスに急に羽が生えてね!こう「ビャー!」と上に上がって前の車をどんどん抜かしたらいいのにね!

こうたろ
そうですねえ(苦笑)

大の大人が初対面の人にいきなりメルヘン発言!僕は顔は苦笑いしながら心の中ではボクシングのガードスタイルを取りました。

もうロープーウェイどころではないです。

そこからメルヘンおばさんは

メルヘンおばさん

  • へえ登山するんだあ?
  • どこの山に行くの?
  • 気をつけてねえ

など至って普通の話に戻り、メルヘンおばさんから急に普通のおばさんに戻りました。

しかし最初に強烈なパンチを食らったせいで、僕は防戦一方のトーク。全然おばさんに心が開ききれませんでした。

旅で知らない人に話しかえる時は最初の一言が肝心です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

道中に起こった癖の強いエピソード。

登山の思い出は登山口から下山口までではありません。

学校の遠足ではないですが、

家のから出発して家に帰るまでが登山です。

面白いこと、楽しいことを見逃さないよう是非アンテナを立て続けてください。




2 件のコメント

  • 地図って不思議な匂いしますね、
    昔はあの地図を傘がわりにして
    歩いたとかそんな話を聞いたこと
    あります。

    電車の話ありますね、
    こちらが周りを気にしてしまいますね(^^)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    こうたろ

    登山歴6年。仕事中やそれ以外でも常に登山でモテたいことばかり考えているアホ登山家。 ボルダリング3級クライマーでもある。 登山回数240回以上の経験を生かした恋愛に関する記事を書いています。 目指せ!アウトドア界のホットドックプレス!! 詳しいプロフィールはこちら