ジャンダルムテント泊縦走!3日目(西穂山荘で待機)




The following two tabs change content below.
こうたろ
登山歴6年。仕事中やそれ以外でも常に登山でモテたいことばかり考えているアホ登山家。 ボルダリング3級クライマーでもある。 登山回数240回以上の経験を生かした恋愛に関する記事を書いています。 目指せ!アウトドア界のホットドックプレス!! 詳しいプロフィールはこちら

ども!

山の恋愛事情は俺に任せろ!

こうたろです。

さっそく前回の続きから

ジャンダルムテント泊縦走1日目!(大阪〜平湯キャンプ場)

2018.08.19

ジャンダルムテント泊縦走2日目!(平湯キャンプ場〜西穂山荘)

2018.08.21

起床して皆を見送る

昨日の宴からの朝、キヨさんの「うち!うち!」という声で目が覚め、「ああ!今日は西穂山荘で待機なんやあ!」とふと思い出しました。

西穂高岳に向かうキヨさん、チエコさん、白さんを送り出し、軽く二度寝します。

そして6時半。大阪で今日一緒にジャンダルム攻略を約束していた田中さんを待つことに。

田中さんとは!?

クライミング仲間であり登山仲間であり飲み仲間である田中さん。日本酒とコーヒーをこよなく愛しています。ポン酒ガール募集中とのこと。

外岩ボルダリング発祥の地、北山公園のほとんど課題をその圧倒的な指力と足の巧さで攻略。

特に北山公園推奨課題「将棋ノーマル1級」や地上5mほどの高さのある「エレファントノーズ3級」などノーマットで落とす事ができるほどの熟練者。

もちろん登山のスピードも異常に速い。山のスペシャリストでもある。

またキャンプの時は酔っ払って無意識にキャンプ道具を「片付けろ。片付けろ」と皆にいう癖もある。

 

そんな田中さんが昨晩泊まっていた上高地にテントやシュラフをデポして西穂山荘に到着!

ちなみに山と高原地図のコースタイム4時間10分かかるところをわずか1時間半で到着!

早えええええ!

この人ほんとに53歳と思うくらいのスピード!

田中さんは「この天気なら行ける!!」「おれはジャンダルムに行く!」と決断!!

僕は昨日の天気予報を聞いて西穂山荘で待機することを伝えて、昨日の出来事をお互い話し出します。

元々話し出すと会話が途切れない2人。気がつけば20分以上話し込みます。

そこで、

ふと思いました。「田中さん?行かなくていいんですか?」

「おー!!そやそや!行かなかんなあ!」

おそらくほっといたらこのまま3時間以上喋って、2人して山小屋待機になりかねません。

田中さんはそのまま颯爽と広島カープのタウンリュックと共にジャンダルムへ向かいました。

エゲツない田中さんのコースタイム

ここで田中さんのコースタイムが異常に早すぎるため、紹介します。

ルートは上高地から時計回りでまた上高地まで総距離およそ28kmです。

ちなみに普通は1日使って西穂山荘〜穂高小屋でテント泊や小屋泊します。

山と高原地図コースタイム 田中さんのコースタイム
上高地〜西穂山荘 4時間10分 1時間30分
西穂山荘〜穂高岳山荘(ジャンダルム) 10時間 6時間20分
穂高岳山荘〜涸沢 2時間10分 1時間
涸沢〜上高地 5時間10分 3時間40分
合計 21時間30分 13時間30分

と本来のコースタイムを8時間以上も短縮する偉業!!

ちなみに涸沢から上高地の下山はあまりにも締めのビールを飲みたい為。

売店19時の閉店に間に合うよう本気を出しまくったそうです。

卓越したクライミングの技術とトレラン並の健脚さを持ち合わせていないと出ないコースタイム!

すげー!!!!

の一言に尽きます。

おめでとうございます!

田中さん

また伝説作りましたね。

みんなとの別れ

西穂高独標を目指していたが天気が良いので西穂高山頂まで目指したチエコさんとキヨさん。

 

先に体調不良出戻ってきた白さんとこれだけ天気がいいと「今日アタックすればよかったな」と少し後悔。

「でももしかしたら間ノ岳あたりでまだ岩が乾かず、滑って滑落するかもしれない」とこの決断でよかったという想い。

いろんなことを考えて安心と後悔が半分半分のごちゃ混ぜの状態です。

そしてチエコさんとキヨさんが戻ってきて僕以外3人が下山。

共にした時間は24時間ほどだがとても楽しい一時でした。

ありがとうございました。

そして別れのあと後の暇っぷり

みんなと別れてから就寝まで8時間ほどバッテリー節約でスマホを使えない中、ダラダラ過ごさないといけません。

まずは正面の霞沢岳をボーっと見ます。

よくこの景色は美しすぎて何時間でも見ていられるという表現が使われますが、あれは嘘です。

僕は基本20分で飽きます。

続いて焼岳見ます。コレは15分で飽きます。

その後の暇っぷりがひどすぎる。

  1. テントで3度寝する。
  2. 暑さで起きてソフトクリーム食べる。
  3. 4度寝する。
  4. また景色ボーっとみる。
  5. 5度寝する。
  6. 西穂山荘で漫画「孤高の人」13巻から最終巻まで見る。
  7. 疲れて6度寝する。

となかなかのクズっぷり。過去10年で1番カロリーを使わなかった日ではないでしょうか。

晩御飯食べてそのまま寝ます。

晩御飯はチエコさんから頂いたアボカドと食堂の白ご飯でアボカドご飯をする予定だったのが、白ご飯が14時までという痛恨のミス!!

仕方なしに有り合わせのもの。アボカドをおかずに主食の寄せ鍋の元とクスクスを混ぜたものを食べます。

もはや何料理か?わかりません。

就寝

21時位に就寝。雨がまだ降っており、明日の岩場が乾いているか非常に心配です。

この待機が後々とんでもない影響を与えることに,,,

4日目はジャンダルムにトライできるか!?

ジャンダルム縦走4日目!(西穂山荘〜穂高岳山荘ルート)天気が悪くて難易度がグッと上がった登山だった!!

2018.08.24




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

こうたろ

登山歴6年。仕事中やそれ以外でも常に登山でモテたいことばかり考えているアホ登山家。 ボルダリング3級クライマーでもある。 登山回数240回以上の経験を生かした恋愛に関する記事を書いています。 目指せ!アウトドア界のホットドックプレス!! 詳しいプロフィールはこちら