ジャンダルム縦走5日目!(穂高岳山荘〜徳沢キャンプ場)




The following two tabs change content below.
こうたろ
登山歴6年。仕事中やそれ以外でも常に登山でモテたいことばかり考えているアホ登山家。 ボルダリング3級クライマーでもある。 登山回数240回以上の経験を生かした恋愛に関する記事を書いています。 目指せ!アウトドア界のホットドックプレス!! 詳しいプロフィールはこちら

ども!!

山の恋愛事情は俺に任せろ!

こうたろです。

朝穂高岳山荘で朝食

大自然のワガママでほとんど寝かせてくれなかった僕。

ジャンダルム縦走4日目夜!穂高岳山荘 テント場「ゼログラムパスファインダー」が強烈な雨風から僕を守ってくれた!

2018.08.25

朝も激しい雨風と落ち着いた状態が交互に続きます。

しかし昨日の予報では涸沢カールは晴れ!午後からだんだん晴れ間がみえてくるとのこと。

穂高連峰を見てのんびりしながらの生ビールとおでん。最高の1日になりそうです。

暴風雨の切れ目をみてテントを片付けて、まずは山小屋で朝ごはん!

バーナーを使ってこの旅の主食「クスクス」を食べます。

そして山小屋の掲示板にある天気予報を確認。

ん?

完全な雨。そして午後の方がさらにひどくなると予報。この山旅の楽しみの1つであった、涸沢おでんとビールがなくなるかもしれません。

この時点で木々に囲まれて風が少ない徳沢まで行くかどうか迷います。

穂高岳山荘〜涸沢カール

穂高岳山荘から涸沢まで2時間10分。涸沢から徳沢まで3時間ほどとなっています。

穂高岳山荘では山小屋では珍しくゴミ箱が。

おそらく日本で一番高い場所にあるゴミ箱ではないでしょうか。 荷物が軽くなる、ありがたい。

まずは涸沢まで向かいます!

ザイテングラード。ここも死亡事故が出るほど険しい道です。

そして大人も一瞬よろけるほどの激しい雨風。

おそらく風速TMレボリューションmより少しきついくらいです。(風速15m〜20mを言いたい)

そんな風が東西南北、上下左右関係なしに縦横無尽に吹きます。

 

涸沢到着!!

彩りの美しい多くのテントが目を癒してくれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

しまった!!間違えて去年の秋の涸沢の写真を貼っつけてしまいました!!

本当の写真はこっちでした!!

 

 

 

 

 

 

 

 

テント少な!!!

さすがにこの雨風。テントは少ないわけです。

今夜ここに泊まると昨日の激しい夜の繰り返しになります。

残念ながら涸沢はスルーします。

本谷橋を通過し。

ここはあんまり通りたくないですが仕方ありません。

昨晩の雨風で増水しています!

横尾山荘を繋ぐ橋に到着!!

この橋を見るとホッとします。あとは平地のみ。

横尾山荘到着!!

小休止してまた徳沢へ。

ここからはずっと平坦な道。楽ちんです。

1時間ほど歩いて。

徳沢キャンプ場到着!!!これで今日の仕事は終わりです。

徳沢には徳沢園と徳沢ロッヂ、宿泊施設は2つあります。テント受付は徳沢園。お風呂は徳沢ロッヂで。

テントを立ててお風呂へ!!

またまたピンチ!?徳沢ロッヂでお風呂!!

徳沢ロッヂに到着!!さっそく4日ぶりのお風呂へ!!!

まずは頭を洗い水道の蛇口をひねります。

熱っつ!!!

ダチョウ以上出川未満の大きな声がお風呂中に響き渡ります。

なんやこれ!?

冷た!!!

温度調節が効きません。

ちなみに調節はこのタイプです。

壊れているのか隣に移動。

熱っつ!!

冷た!!!

また同じことの繰り返しです。更に3つほどイス梯子して色々試しても同じ状態。

僕の理想の少しぬるめの41度にはとてもじゃないが調整出来ません,,,仕方なく浴槽のお湯を使います。(こっちは41度くらいちょうどよい)

 

風呂から上がり調節出来ない謎をスッキリしたいのでスタッフにクレームではなしにやんわり質問。

「すいませーん!ここの水道て熱湯か?水?どちらかしか出ないんですかね?」

スタッフは「いやあ。調節できますよ。調節できますが、ほんっと微妙に調節しないとダメなんですよ。ちょっとでもズレるとダメで。ほんっと微妙なんですよ!なのでほんっと微妙に,,,」

すっげえ「ほんっと微妙」を連呼してくる。

どうやら住み込みで7年くらい修行をしないと適温のお湯が出なさそうだ。

そして夕食のカレーを食べに食堂へ。

カレーはうまい!!

夕食のカレーとサラダセットを食べます。

このカレー最近流行っているサラサラしているカレーではなく、少し粘り気がありドロっとしています。

ファーストタッチは昔懐かしい味。そしてあとから奥行きがある大人のコクが口全体を覆います。

そして付け合せのウィンナー!このカレーにはとんかつでもエビフライでもない!このウィンナーがよく合う!

ほどよく主張しなくてカレーの味を邪魔しない。味に変化を加えて飽きのこない仕上がりにするこのウィンナーがうまいです!

下山での疲労なのか、このカレーを体育会系の大学生のように貪り尽くします。

さすが!徳沢ロッヂ!このカレーは美味すぎます。

美味しかったので先程の「お風呂の蛇口調節出来ないクダリ」

はブログには書かずそっと胸にしまいます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

こうたろ

登山歴6年。仕事中やそれ以外でも常に登山でモテたいことばかり考えているアホ登山家。 ボルダリング3級クライマーでもある。 登山回数240回以上の経験を生かした恋愛に関する記事を書いています。 目指せ!アウトドア界のホットドックプレス!! 詳しいプロフィールはこちら