登山を趣味として始めるなら冬の低山が断然オトクな理由!




The following two tabs change content below.
こうたろ
登山歴6年。仕事中やそれ以外でも常に登山でモテたいことばかり考えているアホ登山家。 ボルダリング3級クライマーでもある。 登山回数250回以上の経験を生かした恋愛に関する記事を書いています。 目指せ!アウトドア界のホットドックプレス!! 詳しいプロフィールはこちら

ども!

山の恋愛事情は俺に任せろ!

こうたろです。

「冬は寒いんで登山しない!暖かくなってからします!」

と言う人達の話結構います。

はっきり言ってもったいないです!

今日はそんな人達に冬に登山を始めたらオトクな理由をいくつか挙げたいと思います。

展望が効き景色が美しく見える

いきなりですがこれが一番の理由ではないでしょうか。

冬の季節は

  • 空気が乾燥して湿気(空気中の水分は視界を妨げる)が少ない為、遠くまで展望が効く。
  • 大気が安定しているので空気中の塵が少ない為、遠くまで見ることができる。

夏の景色では見えなかった山々や島などを確認出来て、その山にとって1年で一番美しい景色を見ることが出来ます。

特に冬の六甲山系の景色は和歌山まで繋がる雄大な大阪湾を確認する事が出来ます。

冬は他の季節に比べてバテにくい!

夏は高温、多湿の状態の時、汗をかいたり、血管を広げて体温を逃がそうとします。

このような自律神経の働きで体温を一定に保とうとするため、体力の消費が激しくなります。

一方冬は動くと冷えた身体を温めて一定に保とうとする為、そこまで疲れません。そして元々が寒いところから登山をするので登ると快適な温度になります。

また単純に水の量も夏に比べて軽くなりザック全体の重さは夏に比べて軽いです。

荷物を軽くすることでより速くより遠くに登ることができる為、季節を変えて同じ山を登ると疲れ方は全く違うものになります。

冬は虫がいない!

夏の登山は耳の周りに羽ばたく蚊などに悩まされたり、歩いていると蜘蛛の巣と顔面が衝突したりと、煩わしいことが多いです。

しかし当たり前ですが真冬は虫がいません。

ストレスレスで歩くことが出来ておしゃべりに集中できる素晴らしい環境です。

冬は暖かい食べ物がさらに美味しく感じる

冬は低山でも寒いです!

そんな寒い中バーナーで温めたカップラーメンやスープなどを食べると旨さだけでなく、心に温もりが染み込みます!

1年で一番カップラーメンがうまいのはこの冬の登山の時と言っても過言ではないでしょう。

山の上でガッツリお鍋をしてみんなで突き合っても楽しそうですね。

なんといっても1月にsaleがある!!

冬はなんといってもsaleがあります!

冬のsaleは夏の北アルプスなどでも使えるダウンやフリースなど夏に比べて色や種類も豊富でsale初めは選びたい放題です。

  • この時期を狙っていきなり登山ウェアを全部揃えるのもよし!
  • 登山ウェアを全部揃えるのはお金がかかるのでsaleで少しずつ買って、足りないものは山の先輩に借りるのもよし!
  • そしてウェア買うとさらに山に行きたくなるのでよし!

もういいことしかありませんね。

北アルプスや富士山に向けて練習する期間がある!

もしあなたが富士山や北アルプスを目指しているならこの冬から登山を始めると良いです。

毎週少しずついろんな低山に登ることで夏までには充分な体力や技術がつきます。

夏にこれらの高山を目指す人は計画的に練習してみてはいかがでしょうか。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

冬の低山のススメ。

あと最後に冬の低山の注意点をいくつかまとめたいと思います。

  • 冬は日が落ちるのが早い為、早め早めの行動とライトを必ず持参すること。
  • 手袋、ダウン、軽アイゼン(いる場合)などの忘れ物は死活問題。前日チェックをお忘れなく。
  • バーナーの容量の確認を!無ければとんでもんなく凹みまくり。また、寒冷地対応のガス缶でなければ火が点かないこともあるので要注意!
  • 登るととても暑くなる為。登る前はウェアを脱いで少し肌寒い状態することがポイント!

などではないでしょうか。

もしあなたの周りに「寒いから登山は春からにしよう」と思っている人がいたら、これらのオトクな理由を使って冬の低山を勧めてみてはいかがでしょうか。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

こうたろ

登山歴6年。仕事中やそれ以外でも常に登山でモテたいことばかり考えているアホ登山家。 ボルダリング3級クライマーでもある。 登山回数250回以上の経験を生かした恋愛に関する記事を書いています。 目指せ!アウトドア界のホットドックプレス!! 詳しいプロフィールはこちら